最近のコメント

    「ライティングは型に当てはめて書くべき!」ゴウさんのライティング講座




    書いた人:あべのり( abenoriki1011  )

    ライティングは型に当てはめて書くべき!!

     

    今回はライティング講座を佐々木ゴウさんにしてもらいましたー!

     

    ライティングをしたことない人、やりたいなーと思ってる人またブロガーもためになることがたくさんあるので必見ですよー❗☝

     

     

     

     

     

    佐々木ゴウさんとは?

    千葉県のコワーキングスペースhinodeの店長。

    WEBライターとしても大活躍中で

    まさに文章のプロの方。

     

     

    ゴウさんのライティング講座

    文章の正しい型とは、、

     

    文章の型の基本はなんだと思いますか?

    さーみなさんよく考えてください。。。

     

     

     

    「起承転結」かなーー

    自分もそう思ってました。。笑

     

     

     

    しかし、それは大きな間違いでした!!

     

    3つのポイントをおさえた型があったんです!!

     

    1 文章はPREPの型に当てはめて書く!

    型を何も決めずにまっさらな状態で書くのはとても難しいですよね!?

    実際、ライティングやブログで稼ぐ人はそれぞれ自分の型をもっています!

     

    それはどのような型かというと、、

    PREP」という型に当てはめて書くことです!!

    「PREP」とは、、

    P..point(結論)

    R..reason(その理由)

    E..example(例)

    P..point(結論)

    これに当てはめて書くと簡単に記事を書くことができます。

    例えば、

    P…私は電子書籍をおすすめしたい」

    R…「なぜなら自分の本を持ち歩けるからだ」

    E…「昨日電車のなかでふと読みくなってキングダムを読んだ」

    P…「だから電子書籍をおすすめしたい」

     

    という例文が型に当てはめて書けば簡単に文章をつくることが出来ます!

    あべのり

    型ってすごー。。

     

     

    ここで大事なのは結論を先にいうことです!

    大事なことを早めに言わないと飽きられてしまい、途中で読まなくなってしまうことが多いそうです!

     

    記事の後半は適当に読まれるので大事なことを後半に書くと、頭に残らない(スマホユーザーは何かをしながら読むことが多いので特に残らない!)

    なので結論を先にいうことが重要!!

    ということになります。

    確かにご飯食べながら記事を読んだり、何かをしながら記事を読むことって多いですよね。

    その記事の内容がどんな内容かいち早く読者に伝えるかがポイントですね!

     

     

    2,列挙(同列のものを並べる)

     

    これはあまり聞いたことがない人もいるかもしれませんが、

    同列のものを並べて文章の全体像を作ることを意味します。。

     

     

    さっきの電子書籍の例で考えると、

    電子書籍

    全貌(ABCをまとめる),,,,電子書籍はいつでも持ち歩ける

    列挙A,,,,電車でキングダム読んだ

    列挙B, ,,,海外旅行中にビジネス書読んだ

    列挙C,,,,,だるい飲み会中に「嫌われる勇気」読んだ

     

    このように同列のものを並べることによって文章の幅ができ、より伝わりやすい文章になります。。

     

    PREPと列挙の組み合わせ

    [PREP]と「列挙」を組み合わせるという方法もあります。

     

    これを先ほどの文章に当てはめると、

     

    P…私は電子書籍をおすすめしたい」

    R…「なぜなら自分の本を持ち歩けるからだ」

    E…「昨日電車のなかでふと読みくなってキングダムを読んだ」

    「海外旅行中に勉強のためビジネス書を読んだ」

    「だるい飲み会中に時間の無駄なので、(嫌われる勇気)を読んだ」

    P…「だから電子書籍をおすすめしたい」

     

    という形になり、幅が広い文章になりました!!

     

    これってめっちゃ簡単じゃないですか?

    型に当てはめるだけでこんなに簡単に文章が書けちゃうんです。

     

     

     

    3.モゲタを意識する

    ノウハウ記事を作るにはこの「モゲタ」が重要になってきます!

     

    〜モゲタ〜

    • ンダイ(問題)ー持っている問題
    • ンイン(原因)ーその原因
    • イサク(対策)ー原因への対策

     

     

     

    このモゲタ(問題、原因、対策)の流れで書くことで、文章を困らずに書くことができるんですね〜。

     

    これはすごい!!!

     

    語呂もよくて覚えやすいですね。。

     

    この「モゲタ」はアフィリエイトの記事を作るときに適しています。

     

    〜モゲタ〜

    • ンダイ(問題)ーお金がたまらない
    • ンイン(原因)ー収入が低い
    • イサク(対策)ー転職活動をしましょう
    • 最後に、解決策としてアフィリエイトリンクを貼る

     

     

    なので、ブログ初心者でアフィリエイトのやり方が分からない方は

    モゲタ」に当てはめて記事を書いてみることをおすすめします。

     

    https://twitter.com/goh_ssk/status/944415768787087362?s=20

     

    佐々木ゴウさんライティング講座まとめ

     

    まとめ

    1. PREP(結論、理由、事例、結論)
    2. 列挙(文章の全体像)(PREPと列挙を組み合わせることで説得力を増すことができる。)
    3. モゲタ(問題、対策、原因)

     

    この3つを意識して書くことが大事ですね!

     

    どうでしたか?

    ライターの方だけではなく、ブロガーの方も役立つ情報ばかりでした。

     

    講師の佐々木ゴウさんはとても分かりやすく、ユーモアも混ぜながら説明してくれました。

     

    また、ゴウさんは千葉にあるhinodeの店長もやりながら、田舎フリーランスの講師も務めているそうです。

     

    お会いしたい方はぜひ会いに行ってみてください。

     

    佐々木ゴウさんが気になる方はぜひツイッターをフォローしよう!!

     

     

    ▼こちらの記事もおすすめ

    「最初の収益をだすまでが勝負」コウさんのアフィリエイト講座

    2018.04.22

    ABOUTこの記事をかいた人

    料理人とブロガーの二足のわらじで活動しているパラレルワーカー!! 発信することの大切さ、パラレルワークとは、愛知県のおすすめ飲食店なども紹介していきます(^^) ♦詳しいプロフィールはWebSiteをクリック☝☝